忍者ブログ
一番記憶に新しいこれ。
この人も3人目とは別のグルチャで知り合いました。
松山で飲みオフ会があり、
初めての顔合わせ。
そのときは男女8人だったかな。
最初の印象では、グルチャより喋らないなーって感じ。
カラオケではとにかく歌が上手かった。
最初はそんなに絡んだ記憶が無いんだよな~。
でも気が付いたら(大人数で)何回か遊ぶ仲になってて、
ああ、多分この人私と同じ人種だわって
勘が働いたw
オープンスケベと豪語してるだけあって
どさくさに紛れて女の子触ったりしてるんだけど、
不思議と許せちゃうキャラなんですよね。
顏も悪くないし背も高いし。
出会った頃はまだ彼と別れていた頃で、
途中からヨリを戻しました。
ヨリ戻した頃にグルチャ内のBちゃんと
付き合い始めた模様。
(最初のオフで解散した後、私のチャリが行方不明で
探してたところに彼とBちゃんが歩いてるところに遭遇。
手伝ってもらってようやく見つけたんだけど、
私はあの頃「これは引っ付くかも?」って思ってましたw)
私が主催してるオフ会に
友達Aちゃんと彼を呼んだのが始まりかな。
始まる前に3人でご飯を食べて、
ボウリングで仲良くなって、
どういう話の流れだったか、
今度彼の家へ泊まりに行く話になりました。
本当は男2人、女2人で泊まる予定で、
もう1人の男の子もグルチャで面識ある子。
(しかも良い子。)
ところが残業でその子が行けなくなって、
Bちゃんには泊まりオフすること伝えてたから
心配するだろうし延期する?なんて話したら
彼は大丈夫だという。
だからAちゃんの運転で下道3時間かけて
彼の家にお邪魔しましたw
さすがに疲れただろうなw
到着してバー2軒ハシゴしたあと、宅飲み。
いろんな酒混ぜてチャンポンしたもんだから
彼はベロンベロンw
移動中もお姫様抱っことかセクハラとかの
オンパレードでしたw
さらにカラオケ行ってワイワイ騒いで
家に戻って川の字で就寝。
酔って訳わからなくなってる彼は
当然Aちゃんにもセクハラやらちょっかいやらかけてたw
疲れもあってAちゃんは速攻寝て、
私はハグやら胸揉まれるやら。
(その頃は私もそこそこ乗り気。)
でもさすがに3人なのでコトには及ばず寝落ちw
次の日適当な場所へ観光して、
帰りもAちゃんに運転してもらい帰宅。
→続く
PR
それから割とすぐの話、
突然電話がかかってきて、
「洗濯機いる?」とw
私が洗濯機ケチって買わず
手洗いしてると知っていたので、
知り合いからいらない洗濯機があると聞いて
私に連絡してくれたみたい。
突然だったので掃除も何もしてないから
(風呂カビだらけだしorz)
ちょっと待ってwwって言おうとしたのに
もう家の前まで来てるという。
その頃、前の仕事辞めてハロワにいたので、
速攻で帰宅。
知り合いの引越の手伝いをしてたらしく、
作業着みたいな服装。
男らしく一人で洗濯機ベランダまで運び終えた後、
うちでくつろいで肩もみ。
実はそのときには元彼とヨリを戻したところでした。
隣同士に住んでいたので、
彼が仕事に行っている間の出来事。
ひっそりと元サヤに納まったので
彼も友達も復縁したことは知らず。(悪い女)
キスもし、フェラまでしたか覚えてないけど、
疲れてたのか何なのか、
彼が起たずに行為は出来ず終了。
その後しばらくして、
私が復縁宣言したことで
その関係は完全に無かったことになりました。
彼にも可愛いギャル系の彼女ができたことだし。
元々向こうに気があったのは伝わってたんだけど、
絶対に幸せになれないことを知ってたので
あえて自分からバリアを張ってました。
「絶対付き合うことはないわ~。」って。
ほんとのたまたまで、彼と転職先が一緒で、
辞める前悩んでる時もご飯連れて行ってくれたり
ほんと最後まで良い人だった。
↑なんか死んだ人みたいw

元々みんなから好かれるタイプですからね。
BBQに行っても気遣ってくれてるのか
あまり近くに接しないようにしてくれて
まあ向こうも気まずいんだろうけど、
私は気にしてないこと伝わってると良いな。
別れて遊びまくってたとき、
オフ会で知り合った男性がいました。
最初の印象は、バーの店長してたから
初対面でも名刺配って宣伝してて
一次会で帰宅したから
「宣伝のために来たの??」って感じだったw
彼のツレとも仲良くなって、
後日ネットワークビジネスとやらに巻き込まれるんだけど
それはまた別のお話w
(体の関係はないです。)
そのときのメンバーに誘われて、
後日彼のバーに行くことになりました。
私と、Aちゃんと、彼のツレも呼んで、初めてのバー。
行ってみるとすごく楽しくて、
しばらくはここのバーの常連になりましたw
彼の印象もだいぶ変わって、
ノリ軽いけど意外と真面目なところは私と似てた。
そして教員免許を持ってるというギャップw
友達も知り合いも多いし、
気付けば私の憧れの人になりました。
私が30歳になる頃に
こんな人間関係ができてたら良いなーって。
いずれバーはなくなり、
(オーナーと揉めて辞めたらしい)
彼の家で月1度BBQパーティーをするという集まりに
変わりました。
その集まりにも定期的に参加していて、
彼とも仲良くなり、
彼の方からもいろんな集まりに
呼んでくれるようになりました。
別れた時、ドライブに連れ出してくれました。
彼は本心を出さない性格、
私も二面性があるし、
散歩してるときはただの世間話。
展望台まで登ってきたとき、
徐々にそういう雰囲気になってしまった感じ。
確かくすぐり合いから始まった気がするw
太い指で中をかき回され、
キスもいっぱいしたし、
Mっぽい風に見えて結構S。
そのギャップには萌えた。
気持ちよくなってるところに

「ん?」なんて、ニヤっと笑いながら
私が身動き取れないように抑えられるのとか
今までで一番ドキドキした。
でも、体臭と味が受け付けなかったのが彼。
キスの粘膜とか、抱きしめた感じとか、
あ、なんか違う」って。
その日は前戯だけで解散したんだけど、
蚊にありえないぐらい脚刺されて、
これは何かの罰だと未だに思ってます(^^;)
→続く
後日、なんでそうなったのか忘れたけど
Aくんと会うことに。
マックで待ち合わせて、ドライブ。
夜景を見たいというと、市外の人だから場所が分からず
とりあえず山に向かって走ってくれました。
結局いいスポットには巡り会えなかったから
星空が見えるところに停車して会話。
Aくん的には私を彼女候補として見てくれてるらしく、
ラインも見せてと言ってもいないのに
他の女の子とのやりとりを見せてくれました。
「俺が気に入ってるのは○○だけ。
俺は付き合ってるって言っても良いし、
宣言したからってグルチャの
他のみんなからの関係は変わらないし、
変わったとしても俺がフォローする。」と。
なんて男らしい。
でも最初から私は付き合う気はなくて、
(付き合っても絶対に合わないと思ってたし、
グルチャみたいな狭い世界で付き合うと
別れた時が気まずいから。)
あやふや~なままで終わらせてました。
ライン見せてくれたのは良いし、
やりとりも本当に友達って感じだったんだけど、
女友達が多いのは付き合うのは不安ですよ。
・・・男友達の多い私が言うセリフじゃないけどw
時間も経ち、「俺んち来る?」の流れに。
とは言ってもここから1時間なんだけどw
次の日の夜、また送ってくれるというので
お邪魔しました。
一人暮らしすると「帰らなきゃ」って意識が
ほんと無くなる。
そのとき全然記憶ないけど
お風呂借りたような
服借りて着替えただけのような・・・
そして部屋の綺麗なこと!
潔癖症なのか掃除大好きらしく、
あ、ズボラな私じゃ絶対合わないわって
トドメ刺されたのも覚えてますw
心を許すとAくんは甘えるタイプらしく
行為のときだけSっぽく言葉攻め。
(相変わらずAVそのままだったけどw)
お姫様抱っこはヤバイ。
Aくん次の日仕事だったから
私は帰ってくるまでAくんの家に居ようと
思ってたんだけど、
Aくんまさかの仮病使って欠勤。
元々都会で働いてて、
そこでも出世してたんだけど、
地方に飛ばされて今ここに住んでるんだとか。
こっちでもリーダーみたいな役任されてるそうなので
下の者に仕事押し付けて休むのは問題ないらしいw
甘えられたり、Aくんオススメのボカロカバー聞いたり、
また日中からセックスしたりして
ダラダラ~っと過ごして終わりました。
途中薬局に寄ったんだけど、
イケメンと手を繋ぐのって何て優越感あるんだろw
オシャレなカフェでも氷で遊んでたり
ペットショップで動物に甘々だったり
いろんな一面見れて楽しかったです。
目を見られるのが苦手だから
じーっと見てると照れたり。
母性本能はくすぐられましたw
その夜、送ってもらって別れ際にキス。
もうこれ以上は続けても恋愛感情にならないしと、
復縁をきっかけにグルチャを卒業し、
(そのときに「いろんな人見たけど
やっぱり元彼が良かった」なんてほざいて)
Aくんとは連絡取らずそのまま。
その半年後、共通の友達から聞いて
新しい彼女が出来たことを知りました。
私が去った後、別の共通の友達から聞いた話では、
同じグルチャの既婚者(でも旦那に浮気された)と
セックス三昧だったらしい。
噂なので本当にしたのかは分からないけど。
たまにタイムラインで共通の友人に
コメントしてるところ見かけるので
きっともう会うことはないだろうけど。
自己中な私の良い思い出。
次に会ったのはオフ会。
その日は8人ぐらいでボウリングだったので
2人きりにはならずに解散しました。
でも、ゲーセンで待ち合わせてる時に
みんなにバレないように手を繋いだりとか、
ハグしたりとか、
またこれが楽しいの何のってw
ボウリングのゲームが終わって、
ある女の子が結構男の子にベタベタするタイプだったので
(しかもカワイイ)
Aくんにも何回かハグしてました。
ゲームが終わったところでみんな片付けしてて、
Aくんだけまだ座ってたので
名前を呼んで耳打ち。
「私以外とひっつかないで。ヤキモチ妬く。」
(内心そんなこと思ってないのにスラスラ言える。)
「かわいいな~もう~。」と言われ
そのやりとりも楽しかったw
続いてカラオケへ。
席も離れたし広い部屋だったので
あんまり話せないな~って思ったから
途中ラインでメッセージ。
「隙を見て隣に来て~」なんて書いたとき
不自然に隣の席に移動したから
ちょっと吹いたww
歌いながら来たらみんな見るでしょーよw
そこでもみんなにバレないように手を繋いだり
脚触ったり、もたれたり・・・
なんで秘密って燃えるんだろ。
そういうやりとりがすごく楽しかったです。
→続く
PREV ←  HOME  → NEXT
プロフィール
HN:
あみ
性別:
女性
自己紹介:
好奇心旺盛。
道徳に反するワタシ。

ワンナイト(本番):4人
〃(未遂):3人
何もなし:1人
レズ(本番) :1人
〃(その他):2人
P R
Copyright (C) 2017 好奇心で生きてるワタシ。 All Rights Reserved.
Material by © 超シンプル素材集HP素材のおすそわけ。 TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]